2008年07月21日

子供と大人(横浜vs鹿島)

それほどチームとしてのレベルの差を見せ付けられた試合だったように思います。

横浜0−2鹿島

選手と監督(前任者)が「内容は良かった」と繰り返したポゼッションサッカー。
ペナ外で横パスを回しているだけの偽りのポゼッションサッカーの行き着いた先。

相変わらずの責任転嫁の横パス。攻めているようでペナの外側でパスを回させられている攻撃。タッチ数の多いパス交換を何度も繰り返しているうちに、スペースは消されプレッシャーをかけられ相手のインターセプトの餌食になっていった。
終盤、8人でゴール前を固めている相手に中央突破を仕掛ける無意味さ。アイディアの幼稚さ。

フォローの意識の欠如。サイドに展開しても、フォローの遅さ、枚数の少なさからすぐに手詰まりになってクロスを上げる事もままならない。そもそもサイドの攻撃にも守備にも穴がありすぎる新監督のシステム。選手間の縦の距離を相当コンパクトに保たなければ機能しないシステム。現状にそぐわないシステム。

オフ・ザ・ボールの動きの少なさ。動きの質の低さ。ボールホルダーと受け手しか関与しない中盤。
オフ・ザ・ボールどころじゃなく、GKやDFがボールを保持していてもそこからパスやフィードを引き出そうという動きさえ少ない。パスの出しどころがないのに「早くしろ!」「前に出せ!」と罵声を浴びせられるDFに心が痛む。
終盤、微動だにしないピッチ上の10人に秋元がゴールキックを何度も躊躇していたシーンは衝撃。



2007年に苦しみながらもがきながら、それでも積み上げていったこれからのマリノスの土台は前任監督に完全に壊されてしまった。そんな風に思えて仕方なかった。加えて新指揮官の混乱・・・。

負けるべき要素は山とある。
気持ちで戦えとか、精神面でこの苦境を抜け出せる状況じゃない。
現状、雰囲気、現有戦力を深く考察してチームを立て直して欲しい。


あー、ショックがでかすぎる。
posted by ヒロ at 21:10| 🌁| Comment(12) | TrackBack(7) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

2006 J1 29節 サンフレッチェ広島vs横浜Fマリノス 06/10/28

広島3−0横浜

得点
13ウェズレイ(広島)
50佐藤(広島)
74ウェズレイ(広島)

なにもなかった…。
posted by ヒロ at 21:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006 J1 28節 横浜Fマリノスvs鹿島国 06/10/21

横浜2−1鹿島国

得点
06坂田(横浜)
18山瀬(横浜)
29深井(鹿島国)

横浜線に乗り換えて(この日は鈍行)スタメンをチェックしようと思ったら…、
あれ?もう点が入ってる(ー◎-◎)さかた?

あれ?あれあれ?


も…、もしかして…。



ぬぁぁぁぁ、キックオフを1時間まちがえた〜・゜・(ノД`)・゜・。

スタジアムに着いたらもう後半だし…。
しかも今日は1人か。さびし(つω`)
空席を求めて2階席へ。
惜しいシーンもあったけれど、前半を見てないせいか印象の薄い試合になってしまったなぁ(・ω・;)
てっちゃんがほんとーに安定してきて嬉しい限り。

結局、電車の中にいる間に奪った2ゴールで勝利でした。
ゴールシーンは見れなかったけど、鹿島に勝ったんでご機嫌です(*^▽^)
posted by ヒロ at 21:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

2006 J1 27節 ガンバ大阪vs横浜Fマリノス 06/10/14

G大阪1−1横浜

得点
43山瀬(横浜)
85マグノアウベス(G大阪)

感動すら覚えるほどのDFとGKの頑張りでした。
でも、攻撃はまったく駄目。
ミスの多さ、コンビネーション不足、攻守の切り替えの遅さ…等々。
強豪相手では攻撃の問題点が得点力不足以前の問題だと如実に露呈されるね。
山瀬の個人技で先制したとはいえ、ガンバの攻撃力をDFの頑張りだけで守り抜くって辛いよ。
posted by ヒロ at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

2006 J1 26節 アルビレックス新潟vs横浜Fマリノス 06/10/07

新潟1−0横浜

得点
75オウンゴール(新潟)

posted by ヒロ at 22:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

2006 J1 25節 横浜Fマリノスvsジュビロ磐田 06/09/30

横浜0−1磐田

得点
89前田(磐田)

磐田もマリノスに付き合ってグダグダなサッカーを繰り広げたにも関わらず、悪夢再び終了間際の失点で、勝点は磐田にしか与えられず。

後ろの人達よりもシュートの意識の薄いオフェンス陣。
カウンターチャンスにボールを止めてしまう中盤。
この試合でも最後に集中力が切れて守りきれなかったディフェンス。
何より悲しかったのは勝利のための選択とは思えないシーンが多々あった事。

勝利への気迫と執念は優勝の可能性があったナビスコ限定ですか?

悔しさよりも虚しさが残る試合。


そんな試合後の呑み会は当然テンション上がらず。
ただただ酒を流し込み、グダグダ状態で帰りの途に。
あぁ、目が覚めたら静岡駅まで来てるじゃないか…orz
しかも、次の上りの新幹線は1時間後ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
22時には帰れる予定だったのに、家に着いたの0時だよ…。
posted by ヒロ at 23:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

2006 J1 24節 横浜Fマリノスvs名古屋グランパス 06/09/23

横浜2−1名古屋

得点
1大島(横浜)
51ヨンセン(名古屋)
75隼磨(横浜)

仕事で行けませんでした…。

内容はさっぱりながら隼磨のイリュージョンで勝利。
posted by ヒロ at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

2006ナビスコカップ準決勝 横浜Fマリノスvs鹿島国 06/09/20

横浜2−1鹿島国

得点
18上野(横浜)
77QBK(鹿島国)
82松田(横浜)

絶対に負けられない試合だし、今日は1人だったからこんな時はって思って、ゴール裏の真ん中行って90分歌ってきたよ。

気迫と執念で試合には勝ったけど決勝には行けなかった。
posted by ヒロ at 23:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

2006 J1 23節 アビスパ福岡vs横浜Fマリノス 06/09/16

福岡1−3横浜

得点
14久保(横浜)
66坂田(横浜)
69山瀬(横浜)
89飯尾(福岡)

シュート4本で3得点!驚異の決定力75%キタ━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!

山瀬のスルーパスからDFの裏に抜け出した久保のループシュート!
右サイドでDFを1人抜き去り角度のない位置からニアを抜いた坂田の弾丸シュート!
ドゥトラのクロスにスペースのできたファーに走りこんでの山瀬のダイレクトボレー!

3得点全てが美しすぎるゴラッソゥなゴール!


福岡の決定力不足に助けられた面もあるけど、シュートを再三にわたって体に当てて守っていたディフェンダー陣と、迷いなくプレーしていた哲也の集中力も素晴らしかった。

posted by ヒロ at 23:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

2006 J1 22節 横浜Fマリノスvs川崎フロンターレ 06/09/09

久しぶりの日産スタジアムは尋常じゃない蒸し暑さだった…。

横浜1−2川崎

得点
51マルコン(川崎)
58ジュニーニョ(川崎)
84河合(横浜)

勝ちたいって気持ちは伝わってきたのだけれど…。
言いたくないけど、昨日のピッチ上に見たものが今のマリノスの実力なんだろう。
首位争いしてるチームに、監督交代で生まれた勢いで勝てるほどサッカーは甘くはないよね。

選手とスタッフとサポーターは一丸となって目の前の1戦に臨み、可能な目標に向かって頑張ろう。



無能なフロントは窓から捨てちまえ。
posted by ヒロ at 22:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

2006ナビスコカップ準決勝 鹿島国vs横浜Fマリノス 06/09/02

鹿島国1−0横浜

得点
22フェルナンド(鹿島国)

あぁ、悔しい。
2戦で勝敗を決めるトーナメントの第1戦でドローってのは最低限の結果だけど、アウェイで得点を決めておきたかったなー。
あぁ、前半22分が悔しいね。

失点の後、しばらく不穏な空気が流れるも次第に冷静になって「サッカー」をしていたのを見て、確実にチーム状態が良くなっている事を感じた。
ゴールを奪えなかったのは課題だけど、中盤の運動量も増えてきて(まだ充分じゃないけど)攻撃に期待感が持てるっていうのは見ている側からしてもすごくいいことです、うん。

負けてしまって凄く悔しいんだけど、第2戦に凄く期待してる。
さあさあ、俺をはじめ鹿スタに行けなかった人も20日は万全の準備をして日スタへ。



続きを読む
posted by ヒロ at 21:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

2006 J1 21節 横浜Fマリノスvsヴァンフォーレ甲府 06/08/30

どうにか半休をとって三ツ沢に駆けつけたかったんだけど。
昨日は状況的に厳しかったから有無を言わさず却下されちゃった(>_<。)

横浜3−0甲府

得点
12オウンゴール(横浜)
32隼磨(横浜)
82松田(横浜)

振り返ってみると1点目のオウンゴールが大きかった。
先制したことでこの試合の戦い方が選手全員の気持ちの中で一致したんだろうな。
引き過ぎー!って叫びたくもなったけど、守ろうとしてきっちり守れるようになったね。

前半28分に奥が退場するも、どっぷり引いて甲府の攻撃を耐え凌ぎ、隙をついてのカウンターで隼磨が追加点。
山瀬の左サイドへの効果的な無駄走り。
その空いたスペースに走り込んだ上野から右サイドの隼磨への絶妙なパス。
そして、唯一のファーサイドにしっかり蹴り込んだ隼磨のゴール。
関わる全てのプレーが流れるように華麗なゴールだった。

後半も甲府に攻め込まれる展開が続くも忍耐強く守り抜き、そして相手にも退場者が出るとそこから反撃を開始し、PKから3得点目。
強かった時のような戦い方ができたきた。


前節に引き続き、キレキレの山瀬。運動量も凄い。
得点はなかったけどドラゴンの復調も加速中。
いろんな事が好転してきている。

今週末のナビスコ準決勝鹿島国戦。そして来週末のリーグ川崎戦。
ここをうまく戦っていければマリノスの本格的な巻き返しが始まりそうな予感。

posted by ヒロ at 20:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006 J1 20節 京都サンガvs横浜Fマリノス 06/08/27

京都0−4横浜

得点
31久保(横浜)
55山瀬(横浜)
59奥(横浜)
78山瀬(横浜)

自分達のサッカーが出来れば…という甘え。
それは監督交代という荒治療に発展し、結局チームの雰囲気を変えるという本当の解決にならない解決策しか選択の余地がなくなってしまった。

水沼監督の初采配。

何かが劇的に変わっていたわけじゃなかった。
でもそれまでとは明らかに変わっていたものを感じた。
戦うチーム。選手のベクトルが勝利という1方向に定まっていた。
明らかに変わっていたのは選手の意識。もしかしたらそれだけかもしれない。それだけがチームの様々を変えていたのかもしれない。
それだけが変われば今まで苦渋を舐めたいくつのもの試合を勝っていたのかもしれない。


そんな事を想いながらも、久々の勝利が嬉しくてしょうがない。
posted by ヒロ at 02:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

2006 J1 18節 セレッソ大阪vs横浜Fマリノス 06/08/19

2ヶ月前までは行く気まんまんだった長居のセレッソ戦。
1ヶ月前まではそれでも行く気だったけどね。
あの美味しいたこ焼き食べたいな〜。

C大阪2−0横浜

得点
17森島(C大阪)
47古橋(C大阪)

次への希望も感じられない敗戦。
試合後の監督と選手のコメントにも失望。
語るべき内容は何もないって感じ。

信じてるんだからそれを裏切らない姿勢を見せてくれよ。
posted by ヒロ at 03:07| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

2006 J1 17節 川崎フロンターレvs横浜Fマリノス 06/08/12

川崎1−1横浜

得点
02隼磨(横浜)
16我那覇(川崎)

観戦行けてないしテレビでも見れてないので何も言う事はないですけど。
posted by ヒロ at 01:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

2006 J1 16節 横浜Fマリノスvsアルビレックス新潟 06/07/30

横浜2−0新潟

得点
42ドゥトラ(横浜)
49山瀬(横浜)

昨日のマリノスは、楽しくて楽しくてたまらなかった。
90分間ずーーーっと楽しかった。
坂田が山瀬がマツがよっちゃんが最高だった。
毎日が辛かったから、余計に楽しく感じたのかな。
体がすぐ疲れてしまう状態で、しかも土曜日も出勤しなくちゃいけなかったから、辛いかな〜って思って観戦やめようかとも悩んだけど、やっぱり行ってよかった。
試合後の呑みも楽しかった。久しぶりにゲラゲラ笑って呑んだ。
姉やんとヤチが決めた店が、元彼女と一緒にマリノスを観戦した後に2人で呑んだ店でちょっとビビったけどw

フラフラしながら走って最終の新幹線に乗り込んで、そこでリバースして、家に着いて死んだように寝た。それも楽しかった。

でも、かなり凹む夢を見て、落ち込みながら目が覚めた…。
なかなかうまくいかねー。

選手コメント [ J's GOAL ]
●松田直樹選手(横浜FM):
「今日のように、山瀬や(田中)隼磨らの世代が引っ張らないと、チームも強くならない。一人ひとりがしっかり自分の仕事をしていれば、このチームは負けるはずがないんだから。今日は、誰が言ったわけでもないけど、みんな、監督のためにも負けられないと思っていた。負けているのは、結局選手が悪いからで、僕らは絶対に監督を辞めさせてはいけない」

●坂田大輔選手(横浜FM):
「今日は涼しかったのも幸いだった。皆の気持ちが一つになって、守備も攻撃も前半からうまくできていた。マルケスからのセンタリングに対するイメージも、バッチリだった。ドクターからOKも出ていたので、走れるだけ走ろうと思った。中途半端なプレーするより、(アキレス腱が)切れてもいいくらいの気持ちだった。自分もチームも、またここからという気持ちで、下を向かずに頑張っていきたい」

posted by ヒロ at 01:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

2006 J1 15節 ジュビロ磐田vs横浜Fマリノス 06/07/26

磐田3−1横浜

得点
45前田(磐田)
53前田(磐田)
68大島(横浜)
78船谷(磐田)

変化の予感。
posted by ヒロ at 23:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

2006 J1 14節 横浜Fマリノスvsアビスパ福岡 06/07/23

横浜0−0福岡

W杯期間中にプライベートでいろいろありまして、えぇ、はい。
それからというもの、いろんな事が全然うまくいかないんです。
やる事なす事ここまで裏目に出るのか!ってぐらい、思い通りに事が
運ばないし、いろんなところで俺を悲しませる事に接触して落ち込む毎日。
そして、なぜか疲れやすい体がそんな精神状態に拍車をかけています。
せめてマリノスは、俺に元気をくれないか…。そう思ってたんだけど。

サイド攻撃はゴールを奪うための1つの手段であり過程であるはずなのに、
マリノスの見せるサイド攻撃は、サイド攻撃を果たす為にただサイドから
攻撃してようにしか感じられなかった。人数かけすぎ。手間かけすぎ。
サイド攻撃を有効にするためには中央の破壊力が不可欠。
いくら中央が走り回っても、怖さを示せなければ崩す事は出来ない。

マリノスの選手たちは全員がもれなく必死に戦っていた。
でもその内容は、バックスタンドからゴール裏までのサポーターが示した
試合後の行為に間違いがないものだったと思う。
そしてその後のコールは紛れもなくサポーターの想いであり悲痛な叫びだ。


「フロントは1つのけじめをつけなくちゃならないんじゃないか」
帰り道、仲間と話もせず、そんな言葉が頭に浮かびました。
早足になってたのか、21時26分発の新幹線に間に合っちゃった。
posted by ヒロ at 02:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

2006 J1 13節 清水エルパルスvs横浜Fマリノス 06/07/19

清水1−0横浜

得点
89兵藤(清水)

中断期間での変化は故障者が戻ってきたって事だけなの?
って思わせるような中断前からの変化を感じない内容。
じっくりチームを熟成させる時間があったはずなのに。
肝心の戦術が隙だらけなんだろうか。
いや、マリノスにはベースになるはずの戦術に欠けている。

ロスタイムでの失点で忘れてしまいそうだけど、完全な負け試合だった。
DF陣が頑張ってくれたからロスタイムまで失点しなかっただけ。
中央の怖さのないサイド攻撃じゃあ、ゴールを奪う事は出来ないよ。
posted by ヒロ at 03:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

2006ナビスコカップ準々決勝 横浜Fマリノスvsジュビロ磐田 06/06/03

横浜2−1磐田

得点
43成岡(磐田)
48松田(横浜)
88久保(横浜)

恥ずかしながら4月15日以来の観戦でした。

うっ憤晴らした!久保決勝ヘッド
横浜久保が復活ヘッド弾!/ナビスコ杯
横浜Mが磐田に先勝

「ナビスコ準々決勝の第1戦を勝利した」「久しぶりに勝ちきった」っていう意味だけの勝利じゃなかった。
世間がW杯で盛り上がる中、マリサポにとってはもっともっと大事な2つのゴール。
後半43分の瞬間に立ち会えて良かった。
ドラゴンの笑顔といつもと変わらないヒーローインタビューに胸が熱くなったよ。
posted by ヒロ at 21:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。