2005年10月16日

05-06 SPL セルティックvsハーツ 05/10/15

セルティック1−1ハーツ

SPLの首位を行くハーツが相手の大事な1戦。
オールドファームと同様にセルティックパークは殺気だった興奮状態。
激しい当たりと、両チームのこの試合にかける意気込みを感じる試合だった。

で、結果は1−1の引き分け。

オールドファームでもそうだったけれど、セルティックというチームは大事な試合になると、攻撃が前へ前へ、中へ中へ、と単調になってしまう。
ハーツとの対戦を見ていて感じたのは、それが相手の激しいプレッシャーから攻撃が単調になる、というよりも、セルティックの選手達のこの試合に対する気持ちが逆に作用して、攻め急ぎ、そして視野を狭めている、という事。
おそらく、格下のチーム相手にいくら大勝しても、攻撃に対して決定的な自身を持っていないのだろう。
たぶん、それはレンジャーズやハーツに勝ちきらない限り得られないと思うけど。

中盤で俊輔がスペースへ動いても、味方が見ているのはゴール前ばかり。
結局、この試合の俊輔はボールに触れる機会がとても少なかった。


ハーツのシュートミスがなかったら危なかったよー。


posted by ヒロ at 19:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

首位決戦は引き分け。俊輔は先発!
Excerpt: 俊輔は疲れも感じさせず、後半39分までプレー! 勝ち点差3の首位ハーツとの直接対決は1−1の引き分けに終わった。 俊輔は良いパスを出したりしていたが、味方にあわず。。。 もう結果一覧..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-10-16 19:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。