2004年10月19日

プロフィール

●所在地 静岡県東部

●サッカー略歴

・1992ゴールデンタイムに目白押し〜Jリーグ開幕
世間のブームにまんまと乗っかる。特定のクラブに入れ込む事はなかったが微妙に地元な清水を地味に応援。

・1993〜ロスタイムの悲劇〜米W杯予選
世間の盛り上がりにまんまと乗っかる。イラン戦で茫然自失(;・∀・)ロスタイム…

・1994〜灼熱のパサディナ〜米W杯
ロベルト・バッジョという至高のファンタジスタに出会う。ナイジェリア戦、スペイン戦、ルーマニア戦でのロビーの輝きに魅了され以後彼の虜になる。ファンタジスタ好き、10番好きはここから始まる。

・1995〜能活のヘディングシュート〜Jリーグ初観戦
清水エスパルスvs横浜マリノス。Jリーグ初優勝へ邁進するマリノスとエスパルスの対戦。終盤GK川口がCKからヘディングシュートした瞬間を目撃。

・1997〜ウルトラレフティーとの出会い〜高校選手権
静学のファンタジスタ倉貫(現ヴァンフォーレ甲府)を応援。しかし、準決勝で倉貫を遥かに凌ぐファンタジスタ中村俊輔に遭遇。彼が入団する横浜マリノスに興味を持ち始める。

・1998〜散った日本代表とアズーリ18番の輝き〜仏W杯
日本代表と共に復活したロビーを応援。精彩を欠くアレックスとの併用、それでも結果を残すロビーに心酔。(*゚▽゚)oカッコヨスギー!

・2000〜愚行もここまできたか〜天皇杯決勝
清水vs鹿島の決勝戦で鹿島嫌い、小笠原嫌いが決定的となる。試合終了のホイッスルと同時に録画を停止したビデオテープをデッキから取り出し、テープ部を引きちぎりゴミ箱へ投げ捨てた。

・2001〜忍耐のシーズン〜マリノス残留争い
この時期からマリノス熱&俊輔熱が燃え上がりの兆しを見せ始める。最終戦は神戸へも参戦。

・2002〜代表選手選考をめぐる戦い〜日韓W杯
この年から本格的な横国通いが始まる。シーズンチケットの購入もこの年から。
奇跡のような復活を果たしたロビーを待ち受けていたのは代表落選の知らせ。アズーリ熱が完全に冷める。マリノスでは松田が選ばれたものの、俊輔、中澤、奥が落選。日本代表へのモチベーションに迷いが生じる。

・2003〜諦めない想いが奇跡を呼び込む〜岡田マリノスの船出
2ndの仙台戦、それまで出場機会のなかった大橋正博が急遽FWで出場し1ゴール。
「絶対にチャンスはあると思っていたから(出場機会がなくても)腐ってる暇なんてなかった」という発言に感動。贔屓選手の仲間入りを果たす。
そして、2003年11月29日。
posted by ヒロ at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5323750

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。