2006年07月04日

中田英寿現役引退

今、精神的にいっぱいいっぱいな状態で毎日を送ってるので、ブラジル戦のエントリーさえ出来てないけど、これだけは言っておかねば。

ドイツW杯を見ていて、「戦う気持ち」で世界に肩を並べてるのは中田と能活だけなんだなって痛感したよ。
ブラジル戦のピッチに中田がいなかったらと思うと恐ろしい。
近年は、代名詞だったキラーパスはすっかり影を潜めてるし、クラブでも思うような活躍は出来ていなかっただろうけど、W杯3戦の日本代表を見て、まだまだ日本は中田がいなくちゃ全然なんだなって、世界で戦うって事がどういう事なのかわかってるのは中田だけなんだなって、そう強く感じたW杯だった。

「俺の気持ちを分かってくれているみんながきっと次の代表、Jリーグ、そして日本サッカーの将来を支えてくれると信じている」
と中田は言ってくれた。
中田が伝えてくれたものを胸に刻み付けなければ。

「まだ辞めないでくれよ」
って言いたい気持ちは押し殺して、心からの一言を。

「中田英寿、ありがとう」


posted by ヒロ at 22:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。