2008年07月21日

子供と大人(横浜vs鹿島)

それほどチームとしてのレベルの差を見せ付けられた試合だったように思います。

横浜0−2鹿島

選手と監督(前任者)が「内容は良かった」と繰り返したポゼッションサッカー。
ペナ外で横パスを回しているだけの偽りのポゼッションサッカーの行き着いた先。

相変わらずの責任転嫁の横パス。攻めているようでペナの外側でパスを回させられている攻撃。タッチ数の多いパス交換を何度も繰り返しているうちに、スペースは消されプレッシャーをかけられ相手のインターセプトの餌食になっていった。
終盤、8人でゴール前を固めている相手に中央突破を仕掛ける無意味さ。アイディアの幼稚さ。

フォローの意識の欠如。サイドに展開しても、フォローの遅さ、枚数の少なさからすぐに手詰まりになってクロスを上げる事もままならない。そもそもサイドの攻撃にも守備にも穴がありすぎる新監督のシステム。選手間の縦の距離を相当コンパクトに保たなければ機能しないシステム。現状にそぐわないシステム。

オフ・ザ・ボールの動きの少なさ。動きの質の低さ。ボールホルダーと受け手しか関与しない中盤。
オフ・ザ・ボールどころじゃなく、GKやDFがボールを保持していてもそこからパスやフィードを引き出そうという動きさえ少ない。パスの出しどころがないのに「早くしろ!」「前に出せ!」と罵声を浴びせられるDFに心が痛む。
終盤、微動だにしないピッチ上の10人に秋元がゴールキックを何度も躊躇していたシーンは衝撃。



2007年に苦しみながらもがきながら、それでも積み上げていったこれからのマリノスの土台は前任監督に完全に壊されてしまった。そんな風に思えて仕方なかった。加えて新指揮官の混乱・・・。

負けるべき要素は山とある。
気持ちで戦えとか、精神面でこの苦境を抜け出せる状況じゃない。
現状、雰囲気、現有戦力を深く考察してチームを立て直して欲しい。


あー、ショックがでかすぎる。
posted by ヒロ at 21:10| 🌁| Comment(12) | TrackBack(7) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。