2006年03月29日

2006ナビスコカップ 横浜Fマリノスvsアビスパ福岡 06/03/29

横浜1−0福岡

得点
12マグロン(横浜)
posted by ヒロ at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

05-06 SPL リビングストンvsセルティック 06/03/26

リビングストン0−2セルティック

セルティックの得点
47ズラウスキ
52マロニー

俊輔はつま先で先制点をアシスト。
これでSPL制覇に王手。次節は4月5日、2位ハーツとの対戦。
posted by ヒロ at 23:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

2006 J1 5節 横浜Fマリノスvs浦和レッズ 06/03/25

横浜1−3浦和

はっきりしてくれ!

本当にマツをこのままフリーロールとして使うのか。
攻撃オプションとして投入された隼磨がどうして3バックの右をやって、マツが中盤をうろちょろしてるんだよ。マツをフリーロールとして使うんなら交代は河合のはずだろ?そうじゃないから隼磨を出したんだろ?だったら、監督の権限でマツを上がらせるな。
このチームにはマツに「自分のポジションに戻れ!」って言える奴はいないのか?「お前のポジションはどこだ!」って怒鳴れる選手はいないのか?

「完敗」「自滅」形容する言葉なんてどうだっていい。
予想通り、潰しあいになった試合で先制され追加点を奪われ、自分達のサッカーを見失い、それを修正できずミスを連発。

そしてフロントの最低の対応と最低な言い訳

何もかもが悔しい。
posted by ヒロ at 02:13| ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

2006 J1 4節 大分トリニータvs横浜Fマリノス 06/03/21

大分1−2横浜

得点
03栗原勇蔵!
30清水範久Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
78芝小屋(大分)
posted by ヒロ at 23:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006 J1 3節 横浜Fマリノスvsセレッソ大阪 06/03/18

横浜3−1C大阪

得点
01森島(C大阪)
13マグロン!
56マグロン!
87マルケス!
posted by ヒロ at 23:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

05-06 SPL セルティックvsインバネス 06/03/22

セルティック2−1インバネス

セルティックの得点
35マクマナス
79マロニー
posted by ヒロ at 23:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

05-06 SPL ハイバーニアンvsセルティック 06/03/12

ハイバーニアン1−2セルティック

セルティックの得点
36マロニー
60マクマナス
posted by ヒロ at 23:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

2006 J1 2節 鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス 06/03/11

鹿島国0−3横浜

強い!強い!強い!

マグロン凄すぎ。なんですかあのキープ力は。鹿島国のプレスをヒラリヒラリとかわすその姿の華麗な事。そしてマルケス&ドゥトラと織り成すコンビネーションのこれまた華麗な事。
監督も言っているように今シーズンのマリノスは攻撃に重きを置いているけれど、その根底にあるのはチーム全体のアグレッシブな守備。攻撃的とは積極守備から始まるもので、やっぱり攻撃と守備を切り離して語るのはナンセンスだよなーとこの試合を見て思いました。
前半39分、右CKからニアに飛び込んだマグロンヘッド一閃!貴重な先制点。
後半が開始されると鹿島国に押し込まれる時間帯。そこで達也のスーパーセーブ!あれを決められていたら鹿島国が更に勢いで攻めてくる事も想像できただけにあの時間帯を無失点で乗り越えた事は大きかった。今シーズンの達也はまだポロリも見られないし、判断ミスもない。好調っぽい。
後半34分、マルケスが得たFKをマグロン一撃!相手GKのポテンシャルにも助けられたゴールだったけど、鹿島国の戦意を削ぐには充分な追加点。「去年は自分がこんなにできないとは思わなかった」というマグロンが2試合で3得点目。
そして、隼磨。吉田にスタメンを奪われてはいるけど、全然プレーに迷いが見られない。存分に自分の持ち味を見せ付けてる。足元でもらうタイプの吉田の後に激しく上下動する隼磨が出てきたら相手も対応が大変だろう。
後半36分、右サイドの深い場所で隼磨が激しくチェイスしてボールを奪いクロス。マルケスが潰れた後ろに飛び込んできたのはドゥトラー!右サイドから崩して左サイドがゴール前へ詰める。チームの積極的な意思が表現されたゴールでした。やっぱりドゥトラの笑顔は最高だね!隼磨にボールが渡ると他のプレイヤーが隼磨にまかせてしまう癖が修正されれば右の攻撃ももっと活性化すると思うんだけどなー。
終盤は鹿島国をあざ笑うかのようなキープ力を見せ付けた。「DFとは思えない松田のテクニック」てのには笑ったw

NHK的には久保と柳沢の代表FW対決で盛り上げたかったんだろうけど残念でしたw

posted by ヒロ at 23:03| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

2006 J1 1節 横浜Fマリノスvs京都パープルサンガ 06/03/05

横浜4−1京都

相変わらず仕事が忙しい毎日ですが、今週は特に凄まじかった…orz
もう明日は鹿島国戦なので(行けないけど)ちゃっちゃとお送りします。

開幕戦は昇格の京都を相手に4−1で勝利。
とりあえず魅惑の左サイドであなたはご飯何杯おかわりできますか?的な左サイドのブラジルトリオのコンビネーション、J1の強豪相手にどこまでやれるのか、どこまでやっちゃうのか、早く見てみたい。
そして、やっぱりドラゴンだー。2点目の飛び込みはドラゴン本来の感覚が戻ってるなーって実感させられた。今シーズンは左に流れたマルケスのクロスからドラゴンヘッドで沢山の好機が作れそう。
よっちゃん良かった。颯爽とピンチの芽を摘み取り、そして華麗な胸トラップからマルケスのマリノス初ゴールをアシスト。
隼麿の突破は単にチャンスを演出しただけじゃなくチームに縦の意識を呼び戻してくれた。

結果は快勝。でも修正点は少なくないと思う。攻撃的にいくための守備組織構築を。
明日は鹿島国戦。イタリアから情けなく帰って来た奴をシャットアウトしちゃって!
posted by ヒロ at 23:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

05-06 SPL セルティックvsアバディーン 06/03/04

セルティック3−0アバディーン

セルティックの得点
66ペトロフ
75マロニー
89ズラウスキ
posted by ヒロ at 23:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。