2005年10月06日

2005 ナビスコカップ 横浜Fマリノスvsガンバ大阪 05/10/05

横浜1−0G大阪(トータル1−1)
  1PK4

素晴らしい勝利だった。しかしあと1点が遠く、PKの末、準決勝敗退。
もう少しで触れられそうな国立へのチケットをその手に握りしめる事は出来なかった。

絶対勝つんだ、90分で勝負を決めるんだという想いが選手達から伝わってきたゲーム。
ガンバの強力攻撃陣を全員の積極的な守備で封じた。前線3枚へ充分な形でボールを渡さなかった。
まだまだ物足りないかもしれないけど、必死の攻撃で何度もチャンスを作った。
最後まで走り続けた。ファイティングポーズをとり続けた。

俺達の待ってた隼麿が帰って来たよ(涙
やっぱり隼麿はガンガン突破を仕掛けなきゃだよね。
1枚で中盤の底を支えた那須も、久しぶりの出場もきっちり仕事をしてくれた永輔も、効果的なチェイシングをしてたグラウも…、みんなみんな戦ってた。
大橋のドリブルからのシュートとバーに直撃したFK、惜しかった。
延長で山瀬がやってくれそうな気がしたんだけどなぁ。
そして、勇蔵の気迫溢れるプレーに感動しまくりでしたよ。
あと、昨日は姉やんが咳がゴホゴホしまくりの風邪だったのでバクスタ2階で見たんだけど、どうやらバクスタ(の一部?)は大橋に随分と厳しいようで。
大橋の横パスとバックパスに対して鬼の首を取ったかのようににブーイングと野次を飛ばすのはどうなの?と思うんですけど。横パスとバックパスが全て消極的なプレーと捉えてるようなので気になった。


これでナビスコの戦いは終焉。結果が全てだから…、って割り切れるわけ無いじゃん!
あぁ、悔しい。悔しい悔しい悔しい悔しい。
この悔しさを次に繋げよう。勝ちたいよ、勝ちたい。


posted by ヒロ at 22:54| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。