2010年03月01日

愛を求めるのになぜ夢を理解してあげられないのか

マリノス愛を求めるのに、なぜ選手の夢を理解してあげないのだろうか。

マリサポであるなら俊輔がリーガへ憧れを持っている事など知っているでしょう。
短いプロ人生の中でそのチャンスが巡ってきたのにその夢へのチャレンジを理解してあげず、いまだにまるで裏切りのように捉えてる人がいるのだなぁ。

モヤモヤした気持ちを心に抱えたまま今日を迎えた人はたくさんいると思います。
それは半年前の事実があるから仕方ないとは思うのです。

でもあの弾幕はちょっと悲しいなぁと思いました。
posted by ヒロ at 00:38| ☔| マリノスのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

誤審を認めた

横浜M戦誤審の高山主審、割り当てを外す
http://www.sanspo.com/soccer/news/090824/sca0908241926010-n1.htm

まず高山主審潔し。
自分の誤りを認められる人は今後成長できる人だと思います。


サッカーでは往々にして正当なタックルがファールと判定される事もあるし、明らかなファールが流される場面もある。
サッカーを見るって言うことは、勝敗のみならず毎試合誤審さえも受け入れなきゃならないスポーツだと思ってる。

問題になった柏戦のあのシーンは明らかに功治が腕を引っ張られているのだけれど、問題の本質はあれがファールだったのかシュミレーションだったのかという事ではなくて、ペナ外でシュミレーションと判定された功治にイエローカードが提示された事だと思うのですが。

もし、ペナ外でのシュミレーションがイエローカードの対照となってしまうのであればサッカーのゲームは成り立たなくなってしまう。

協会にはそこのところもハッキリさせてほしかった。





誤審認めたからってこの悔しさが晴れるわけじゃねーんだぞヽ(`Д´#)ノゴルァって気持ちだけど、とにかくハッキリしてくれて良かった。
posted by ヒロ at 01:36| ☁| マリノスのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

子供と大人(横浜vs鹿島)

それほどチームとしてのレベルの差を見せ付けられた試合だったように思います。

横浜0−2鹿島

選手と監督(前任者)が「内容は良かった」と繰り返したポゼッションサッカー。
ペナ外で横パスを回しているだけの偽りのポゼッションサッカーの行き着いた先。

相変わらずの責任転嫁の横パス。攻めているようでペナの外側でパスを回させられている攻撃。タッチ数の多いパス交換を何度も繰り返しているうちに、スペースは消されプレッシャーをかけられ相手のインターセプトの餌食になっていった。
終盤、8人でゴール前を固めている相手に中央突破を仕掛ける無意味さ。アイディアの幼稚さ。

フォローの意識の欠如。サイドに展開しても、フォローの遅さ、枚数の少なさからすぐに手詰まりになってクロスを上げる事もままならない。そもそもサイドの攻撃にも守備にも穴がありすぎる新監督のシステム。選手間の縦の距離を相当コンパクトに保たなければ機能しないシステム。現状にそぐわないシステム。

オフ・ザ・ボールの動きの少なさ。動きの質の低さ。ボールホルダーと受け手しか関与しない中盤。
オフ・ザ・ボールどころじゃなく、GKやDFがボールを保持していてもそこからパスやフィードを引き出そうという動きさえ少ない。パスの出しどころがないのに「早くしろ!」「前に出せ!」と罵声を浴びせられるDFに心が痛む。
終盤、微動だにしないピッチ上の10人に秋元がゴールキックを何度も躊躇していたシーンは衝撃。



2007年に苦しみながらもがきながら、それでも積み上げていったこれからのマリノスの土台は前任監督に完全に壊されてしまった。そんな風に思えて仕方なかった。加えて新指揮官の混乱・・・。

負けるべき要素は山とある。
気持ちで戦えとか、精神面でこの苦境を抜け出せる状況じゃない。
現状、雰囲気、現有戦力を深く考察してチームを立て直して欲しい。


あー、ショックがでかすぎる。
posted by ヒロ at 21:10| 🌁| Comment(12) | TrackBack(7) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

想いは一つ国立へ

nabisuko2007-semifinal_01.gif

この想いを明日ぶつける。戦う。
posted by ヒロ at 03:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノスのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

2006 J1 29節 サンフレッチェ広島vs横浜Fマリノス 06/10/28

広島3−0横浜

得点
13ウェズレイ(広島)
50佐藤(広島)
74ウェズレイ(広島)

なにもなかった…。
posted by ヒロ at 21:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006 J1 28節 横浜Fマリノスvs鹿島国 06/10/21

横浜2−1鹿島国

得点
06坂田(横浜)
18山瀬(横浜)
29深井(鹿島国)

横浜線に乗り換えて(この日は鈍行)スタメンをチェックしようと思ったら…、
あれ?もう点が入ってる(ー◎-◎)さかた?

あれ?あれあれ?


も…、もしかして…。



ぬぁぁぁぁ、キックオフを1時間まちがえた〜・゜・(ノД`)・゜・。

スタジアムに着いたらもう後半だし…。
しかも今日は1人か。さびし(つω`)
空席を求めて2階席へ。
惜しいシーンもあったけれど、前半を見てないせいか印象の薄い試合になってしまったなぁ(・ω・;)
てっちゃんがほんとーに安定してきて嬉しい限り。

結局、電車の中にいる間に奪った2ゴールで勝利でした。
ゴールシーンは見れなかったけど、鹿島に勝ったんでご機嫌です(*^▽^)
posted by ヒロ at 21:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

2006 J1 27節 ガンバ大阪vs横浜Fマリノス 06/10/14

G大阪1−1横浜

得点
43山瀬(横浜)
85マグノアウベス(G大阪)

感動すら覚えるほどのDFとGKの頑張りでした。
でも、攻撃はまったく駄目。
ミスの多さ、コンビネーション不足、攻守の切り替えの遅さ…等々。
強豪相手では攻撃の問題点が得点力不足以前の問題だと如実に露呈されるね。
山瀬の個人技で先制したとはいえ、ガンバの攻撃力をDFの頑張りだけで守り抜くって辛いよ。
posted by ヒロ at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

つまんないよインド戦

3〜4時間しか寝れない日々が続いてたから、やばいな〜と思ってたら遂に体が悲鳴をあげました。


代表選手とは思えないミスの連発に見てるこっちがぐったり。
そして、あまりのつまらなさに痺れを切らしてピッチに乱入する犬。


posted by ヒロ at 01:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

2006 J1 26節 アルビレックス新潟vs横浜Fマリノス 06/10/07

新潟1−0横浜

得点
75オウンゴール(新潟)

posted by ヒロ at 22:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

2006 J1 25節 横浜Fマリノスvsジュビロ磐田 06/09/30

横浜0−1磐田

得点
89前田(磐田)

磐田もマリノスに付き合ってグダグダなサッカーを繰り広げたにも関わらず、悪夢再び終了間際の失点で、勝点は磐田にしか与えられず。

後ろの人達よりもシュートの意識の薄いオフェンス陣。
カウンターチャンスにボールを止めてしまう中盤。
この試合でも最後に集中力が切れて守りきれなかったディフェンス。
何より悲しかったのは勝利のための選択とは思えないシーンが多々あった事。

勝利への気迫と執念は優勝の可能性があったナビスコ限定ですか?

悔しさよりも虚しさが残る試合。


そんな試合後の呑み会は当然テンション上がらず。
ただただ酒を流し込み、グダグダ状態で帰りの途に。
あぁ、目が覚めたら静岡駅まで来てるじゃないか…orz
しかも、次の上りの新幹線は1時間後ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
22時には帰れる予定だったのに、家に着いたの0時だよ…。
posted by ヒロ at 23:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノスのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。